English

「二戸の今」をお届け中!

来月松屋銀座にて開催の「いわてのうるし」展でお披露目となる、新作「おやま椀」をご紹介します。

浄法寺のうるしびと (滴生舎共販組合)

2016.10.27

来月松屋銀座にて開催の「いわてのうるし」展でお披露目となる、新作「おやま椀」をご紹介します。

浄法寺町には、地元の人々が「御山(おやま)」と呼び親しんでいる天台寺というお寺があり、浄法寺塗りの発祥の地とされています。

天台寺の僧たちによる漆器づくりが庶民に広がり、それらは「御山御器(おやまごき)」と呼ばれ、普段使いの漆器として浸透していました。

かつて、この地で作られた漆器がそうであったように
私たちが作る漆器も、人々に身近な存在であってほしい

そんな思いを分かち合う地元の作り手たちが、
現代の生活にも合う使いやすい形にこだわり、
丁寧に塗り重ね、生まれたのが「おやま椀」です。

布目に仕上げた「おやま盆」も、合わせて出品いたします。
ぜひ会場にてご覧ください!

「いわてのうるし 浄法寺漆」展
会期:11月2日(水)~15日(火)
   午前10時~午後8時
   ※最終日 午後7時閉場
会場:松屋銀座
   7階デザインコレクションイベントスペース

fee506bd4e7a46655c88

ページTOPへ