English

「二戸の今」をお届け中!

【本日プレスリリース、販売開始】

株式会社浄法寺漆産業

2018.02.26

【本日プレスリリース、販売開始】

浄法寺漆産業、日本航空及び岩手県と共同で国産漆使用漆器を企画開発、JALUXにて販売

株式会社浄法寺漆産業 (本社:岩手県盛岡市 代表取締役社長 松沢卓生、以下「浄法寺漆産業」)は、日本航空株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長 植木義晴、以下「JAL」)及び岩手県と共同で企画開発した、国産漆使用の漆器2種類を、株式会社JALUX(ジャルックス 本社:東京都港区、代表取締役社長 込山 雅弘、以下「JALUX」)の通販サイト「JALショッピング」(www.shop.jal.co.jp/)及びJALグループ機内誌「JAL SHOP」3/4月号通信販売等にて、予約販売を開始致します。

 岩手県は日本一の生産量を誇る漆の産地であり、「浄法寺椀」、「秀衡椀」、「正法寺椀」など古来より良質かつ実用的な椀が盛んに生産されていました。その伝統を引き継ぎ、「浄法寺塗」、「秀衡塗」が国の伝統的工芸品に指定され、現在に至っています。一方で、漆の国内消費量は年々減少する傾向にあり、また国内で流通する漆の約98%が外国産漆となっています。日本産漆が危機的な状況の中で、国内生産の約70%を生産する岩手県が官民一体となり、漆産業の復興、日本の伝統文化の保護発展に取り組んでいます。

このたび、浄法寺漆産業はJALグループが地域活性化を目的として取り組む「JAL 新・JAPAN PROJECT」活動の一環として、重要無形文化財保持者(蒔絵・人間国宝)の室瀬和美氏の監修により、岩手の素材(木地、漆)を使い岩手県内の職人が製作した「巖手椀(いわてわん)セット」(飯椀と汁椀のセット)及び”南部杜氏”と呼ばれる地元の伝統的な日本酒の醸造文化と漆の2つの地域文化を融合させ誕生した「片口と盃セット」をJAL及び岩手県と共同開発致しました。

JALグループ機内誌「SKYWARD」、JALカード会員誌「アゴラ(AGORA)」の2018年3月号にて、浄法寺漆器の魅力と本商品に関する紹介記事が掲載されます。

そして、JALUXが通販サイト「JALショッピング」(www.shop.jal.co.jp/)、JALグループ機内誌「JAL SHOP」3/4月号通信販売、JALカード会員誌「アゴラ(AGORA)」2018年3月号にて、本商品の予約販売を開始致します。

*「巖手椀(いわてわん)セット」のお届けは5月中旬以降、「片口と盃セット」のお届けは4月上旬以降となります。

【共同企画開発商品】
1 巖手椀(いわてわん)セット(飯椀+汁椀)
  
 重要無形文化財保持者(蒔絵・人間国宝)の室瀬和美氏監修による、汁椀と飯椀のセットです。
 室瀬氏は「漆のお椀でご飯を」と提唱され、陶磁器製の「茶碗」ではなく、熱伝導率が低く冷めにくい漆椀の利用を勧めておられます。
 岩手ゆかりの冒険家・三浦雄一郎氏が2013年にエベレスト登頂時に室瀬氏手製のお椀を携行しました。昼はプラス50度、夜はマイナス40度という過酷な環境でも美しい塗膜を保持し、飯椀、汁椀としても多様的に使用でき、機能的な椀であることが証明されています。
 ご飯も味噌汁も漆のお椀で、という伝統的かつ新しい食の提案です。

(仕様)
 汁椀:直径125mm×高さ70mm
 飯椀:直径120mm×高さ60mm
 色:黒  
 高台裏に日本航空「鶴丸マーク」をデザイン
 価格:32,400円(税込)

2 片口と盃セット
 片口と盃は定番の酒器ですが、一般的な片口は注ぎ口が外側に突き出しているのに対し、こちらは細かく角度を計算したスリットからスムースに注ぐことができる新しい形状を提案致しました。さらに収納に便利なように、揃いの盃が片口の中に収まるように入れ子状にデザインしました。お二人でお酒を酌み交わしたり、お一人でも盃に肴を盛り付ける器にして楽しむことができます。

(仕様)
 片口:黒拭漆 直径106mm×高さ80mm
 小盃:朱拭漆(特製) 直径 直径85mm 高さ45mm
 大盃:黒拭漆 直径102mm×高さ36mm
 片口の高台裏に日本航空「鶴丸マーク」をデザイン
 価格:37,800円(税込)

JALショップにてご注文を承っております。
https://www.shop.jal.co.jp/disp/103014_1.html
https://www.shop.jal.co.jp/disp/103015_1.html

ようこそにのへキャンペーン

ページTOPへ