English

「二戸の今」をお届け中!

社長の松沢です。

株式会社浄法寺漆産業

2017.07.18

社長の松沢です。

昭和初期まで、掻き終わった漆の木はアバと呼ばれた漁網の浮きとして加工され、全国各地へ出荷されていました。漆の木の有効利用です。水に強く適度に浮くのが良かったそうです。

現在でもイカ漁の仕掛けに使っているところがあります。よく釣れるそうです。

旧荒澤村は浄法寺の隣で、私の母の出身地です。

0fa9b257a9b89f517308

ページTOPへ