English

「二戸の今」をお届け中!

【天台寺の屋根に名前を残してみませんか?】

二戸市観光協会

2017.05.30

【天台寺の屋根に名前を残してみませんか?】

天台寺、本堂と仁王門の修復工事も5年目に入りました。

本堂は、木材補修も終わり、元通りに柱を建て直し壁板をはめ込む組立作業中です。
(補修の様子はコチラ⇨http://www.tendaiji.or.jp/dayori05.pdf)

戦後に行われた補修で本堂の屋根は銅板葺きとなりましたが、
建立当時(江戸時代)は杉板葺きでした。

今回の補修では、この屋根がオリジナルと同じ杉板葺き(仁王門は厚さ3ミリの杉板で葺く「こけら葺き」、本堂はそれより厚い板を使用する「とち葺き」)になりますが、なんと!寄進2,000円以上で、本堂屋根に使う「とち葺」の葺板に、自分の名前や願い事等を書くことが出来ます。

皆様も、歴史ある天台寺に名前や思いを託してみませんか?

お問い合わせは天台寺(0195・38・2500)へ。

ページTOPへ