English
定額タクシープラン「ぐるタク」

天台寺と浄法寺漆コース

東北最古の名刹「天台寺」と「漆(Japan)」のルーツを探訪

期間
4月~11月
所要時間
約2時間
料金
普通車 7,000円 特大車 10,000円
備考
※天台寺は平成25年~28年度まで改修工事のため、一部見学できない箇所があります(参拝はできます)。

コースのご案内

出発

二戸駅または市内宿泊施設

1

桂清水の霊木 (天台寺)【見学5分】

桂清水の霊木

東北地方にある奥州三十三観音霊場。
その三十三番目、最後の巡礼地が、岩手県北に位置する二戸市浄法寺町の八葉山天台寺です。

天台寺の歴史は古く、西暦728年聖武天皇の勅命を受けた僧侶、行基によって開山したと伝えられており、平安時代後期から東北の仏教文化の中心地であったと言われています。なぜ、聖武天皇はこの地に寺を造ることを命じたのか。謎多き古刹です。

2

八葉山天台寺【見学35分】

八葉山天台寺

本堂ではおだやかな顔をした菩薩形坐像が参拝者を迎えてくれます。また、国指定重要文化財の聖観音立像は美しい横縞模様のノミ跡を残した素木の一本造りで、鉈彫りの最高傑作といわれています。

拝観料
300円

※平成25~28年度まで改修工事のため、一部見学できない箇所があります(参拝はできます)。

3

浄法寺歴史民俗資料館 【見学15分】

浄法寺歴史民俗資料館

昔から良質な漆がとれた二戸市浄法寺地区。現在では国産漆のおよそ80%が浄法寺産です。浄法寺歴史民俗資料館は、千年以上続く「うるし」に関する資料を中心に、地域の文化遺産を後世に伝えることを目的に開館しました。

料金
大人210円・小人110円
営業時間
9:00~16:30
休み
月曜日・祝日の翌日

4

適生舎 【見学15分】

適生舎

昔、天台寺の僧侶が「御山御器」と呼ばれる漆器をつくったことがはじまりとされる「浄法寺塗」。その伝統の技を今に伝え、展示・販売しているのが「滴生舎」です。浄法寺塗は、朱と溜と呼ばれるものが基本となり、何層にも重ね塗りした器は、使い込むほどに味わい深い色と艶が増してきます。
漆器づくりの工程を見学できるほか、漆の絵付けも体験することができます。
守り伝えてきた漆と塗りの技。日本の文化を二戸市浄法寺の旅でお楽しみください。

営業時間
8:30~17:00
休み
火曜日、年末年始

到着

二戸駅または市内宿泊施設

コース案内動画

お申込み先はこちら

玉川タクシー
0120-23-2121
カシオペアタクシー
0120-22-5424
一戸タクシー
0195-33-3400
福岡タクシー
0120-23-3161
軽米タクシー
0120-20-1186
岩手県北タクシー(軽米営業所)
0120-88-1339
ぐるタクPDFダウンロード

※変更となる場合がございますので、ご出発前にご確認ください。
※各コースの所要時間は、交通事情などにより前後する場合があります。
※各コースの入場料、体験料、昼食等については、タクシー料金に含まれませんので別途負担となります。

ページTOPへ