English

二戸の宿泊施設案内

金田一エリア

緑風荘

りょくふうそう

座敷わらしの宿、待望の再開

「座敷わらしに会える宿」として広く知られ、2009年に全焼した緑風荘が、2016年5月に営業再開。外観はかつての趣を残し、出会った人に幸運をもたらすという座敷わらしの目撃談が多かった「槐(えんじゅ)の間」も“共有の場”として再現されます。

外観_s
槐の間_s
浴槽_s
部屋数
和洋室(定員5名)4室 和室(定員6名)6室 合計10室
収容人数
56名
宿泊プランの紹介など

最初の受付期間は5月15日~8月31日までの間。
9月以降の予約に関しては、7月か8月に予約受付日を設定し、
電話とインターネットでの受付。
宿泊料金後日。
「日帰り入浴 平日10時〜21時/土日祝10時〜15時 大人500円 小人300円」

宿からのメッセージ

2016年5月14日(土)に営業再開

住所
岩手県二戸市二戸市金田一字長川41
マップを表示
TEL
0195-27-2131
URL
http://www.zashiki-warashi.co.jp/

[付近の観光スポット 亀麿神社]

侍の湯おぼない

さむらいのゆおぼない

見どころ多し、魚屋が営む温泉宿

地元で有名な魚屋が営む温泉宿。近隣の八戸港にあがる新鮮な魚貝類はもちろん、地元産短角牛、地鶏、雑穀などを使った板長自慢の郷土料理も自慢です。
宿の湯は、開湯380年の金田一温泉郷の数ある源泉の一つ「玉の湯」から引いています。泉質は無色、透明、無臭の単純泉。湯治場の名残りを感じさせる湯船にはやわらかい肌ざわりの湯があふれ、温泉情緒がたっぷり楽しめます。
また、宿の建物は築80年ほどという昭和レトロな趣があり、増築を繰り返したためか迷路を思わせる造りになっています。旧館には今では貴重な職人技が残り、また、季節の花々が彩る庭園にせり出すあずまや「東風庵(こもあん)」のガラス床、趣向をこらした厠(トイレ)など、随所に見どころが多いのも魅力。宿泊客からの寄せられた座敷わらし情報を集めたコーナーでは、読んでワクワク、「私も出会えるかも」と期待感が高まります。

Hotel HP-おぼない_shisetsu005_main
FB_おぼない旅館15948_116580755173244_610456537_n_sub
Hotel HP-おぼない_ryouri033_sub
部屋数
和室:13室
収容人数
70名
宿泊プランの紹介など

全室和室
※客室は2階となります
※バス・トイレなし(大浴場・館内設置のトイレ利用)

住所
岩手県二戸市金田一字湯田43-5
マップを表示
最寄り駅またはI.C.
IGR金田一温泉駅
TEL
0195-27-2221
URL
http://obonairyokan.com/

[付近の観光スポット 文教場講堂]

きたぐに旅館

きたぐにりょかん

肌がつるつるになる大岩風呂が自慢

昭和40年代の創業。作家・三浦哲郎ゆかりの宿として知られています。旅館名の「きたぐに」は、創業者と親戚関係にあった三浦氏が名付けたものです。館内には芥川賞受賞の『忍ぶ川』をはじめとする著書や写真を展示するコーナーがあります。
手足をのばしてゆったり入れる大岩風呂も自慢のひとつ。源泉の温度がぬるめなので加温していますが、掛け流しの湯は肌がつるつるになると評判です。
素朴な版画を飾り、アートな気分に浸りながらくつろげる客室。そして、旅の醍醐味である食事は、地元産食材や八戸直送の新鮮な魚介類を使ったこだわりの手料理も自慢です。冬の寒い季節にはあつあつのアンコウ鍋やタラ鍋など、旬ならではの料理も味わえます。

HP_きたぐに_pho1_1433727790[1]_main
HP_きたぐに_pho4_1433727790[1]_sub
HP_きたぐに_pho2_1433727790[1]_sub
駐車場
12台
部屋数
和室:14室
収容人数
55名
宿泊プランの紹介など

1泊2食付…8,790円~
ビジネス…6,468円~(1泊2食付)
入浴のみ…大人500円
※長期滞在 要相談

住所
岩手県二戸市金田一字大沼24-20
マップを表示
最寄り駅またはI.C.
IGR金田一温泉駅
TEL
0195-27-2531
URL
http://www.kindaiti.com/~kitaguni/

[付近の観光スポット 三浦哲郎ゆかりの家]

旅館仙養館

りょかんせんようかん

季節の料理と温泉でゆったり、のんびり

座敷わらし伝説の金田一温泉郷で創業して50年。旅行や仕事で訪れるお客様がくつろいで過ごせるように、と女将がもてなす温泉旅館。座敷わらしの不思議体験談も寄せられています。卓球台もあるので、「温泉卓球」も楽しめます。
単純泉の肌にやさしい泉質は、疲れを忘れさせてくれる癒しの湯で24時間いつでも利用できます。ふらっと立ち寄り入浴も朝9:00からOK。また、予約制で温泉風呂の貸し切りにも対応しています。家族水入らずで温泉を楽しむには持ってこいです。
そして、朝夕とも部屋食で気兼ねなく味わえる料理は、地元の旬の食材を取りそろえた季節料理や、つっつけ、ひっつみといった郷土料理でうまい地酒、南部美人がよく合います。

Kumiai HP-仙養館 _senyokan_gaikan_main
Kumiai HP-仙養館 _senyokan_furo2_sub
Kumiai HP-仙養館 _senyokan_ryouri_sub
駐車場
6台
部屋数
和室:15室 部屋つき風呂:あり(※2室) 部屋つきトイレ:あり(※2室)
収容人数
63名
宿泊プランの紹介など

素泊まり…5,550円~
1泊2食付…8,790円~
ビジネス…7,710円(1泊2食付)
入浴のみ…大人500円(AM9:00~) 
※ビジネス・長期滞在 要相談

住所
岩手県二戸市金田一字大沼24
マップを表示
最寄り駅またはI.C.
二戸駅から車約5分、徒歩約15分
TEL
0195-27-2231

[付近の観光スポット ダンジャ坂]

ホテル金田一

ほてるきんたいち

眺めのよい温泉とボリュームある料理がリーズナブルに

リーズナブルな金額で、温泉とボリュームたっぷりの料理が味わえる和風ホテルです。馬淵川の畔にたつ宿は、築40年ほど。往時の賑わいを垣間見せる広い館内は、昭和40年代にタイムスリップしたかのような懐かしい佇まいです。寒い冬には、北国暮らしに欠かせない“コタツ”が各部屋に用意され、まるでふるさとの家に帰ってきたかのようにくつろげます。
なめらかな泉質の湯があふれる大浴場は、展望のよさが自慢。馬淵川を眼下に眺めながら、ややぬるめの湯にゆっくり浸かれば、じんわりと体がリラックス。心ゆくまでたっぷり温泉タイムを楽しんで。まずは明るいうちにひとっ風呂。
温泉の次に楽しみな食事は、食べきれるかと心配になるほどボリュームたっぷり。季節には馬淵川で育ったアユの塩焼きを堪能できます。 馬淵川の流れを眼下に眺めながら、大浴場でゆったり旅の疲れを癒してください。

Kumiai HP-ホテル金田一 _hotelkin_gaikan_main
Kumiai HP-ホテル金田一 _h_11_s
Kumiai HP-ホテル金田一 _h_10_sub
部屋数
和室31室 ※トイレ付和室・トイレなし和室あり
収容人数
100名
宿泊プランの紹介など

素泊まり…4,470円
1泊2食付…8,790円~
日帰り休憩…1,080円~
入浴のみ…大人400円

住所
岩手県二戸市金田一字大釜25
マップを表示
最寄り駅またはI.C.
IGR金田一温泉駅
TEL
0195-27-3111

[付近の観光スポット 馬淵川河畔]

スパドーム

すぱどーむ

なぜこんな形に?のユニークドーム風呂

その名の通り、ユニークなドーム型の浴室がある温泉宿。柴犬のさくらちゃんが出迎えてくれます。
幾何学模様の天井と天窓がどことなく宇宙基地を思わせる浴室には、弱アルカリ性の単純泉の湯船のほか、電気風呂や遠赤のサウナ、水風呂があります。男性用には庭園風露天風呂もあり、開放感も満喫。 日帰り休憩もできます。
館内のお食事処『花蓮』では、雑穀の里二戸ならではの五穀ラーメンが味わえます。あわ、ひえ、きび、麦、アマランサスを練り込んだ麺の食感とコシが自慢です。

HP_spadome_gaikan[1]_main
Kumiai HP-スパドーム _spadome_furo_sub
Kumiai HP-スパドーム _sp_03_sub
駐車場
25台
部屋数
和室:5室
収容人数
10名
宿泊プランの紹介など

素泊…5,000円
1泊2食付…7,560円 
日帰り休憩…1,650円(入浴込)(9:00~16:00) 
入浴のみ…大人500円 小人250円(8:00~22:30)
回数券…5回2,160円/11回4,320円/28回10,800円

住所
岩手県二戸市金田一湯田53
マップを表示
最寄り駅またはI.C.
IGR金田一温泉駅
TEL
0195-27-2511
FAX
0195-27-2511

[付近の観光スポット 三浦哲郎ゆかりの家]

ページTOPへ