English

「二戸の今」をお届け中!

『忘れないで、気づかいとマナー』

JR東日本

2018.02.08

『忘れないで、気づかいとマナー』
Remember to be considerate and courteous.
 
首都圏を中心に、「電車の乗り降りに関するマナーキャンペーン」を実施しています。
乗車の際は、お身体の不自由なお客さま、小さなお子さま連れのお客さまなどに、「お先にどうぞ」の一言とともに、出入口をお譲りするという優しいお気づかいをお願いします。
 
また、ドアが閉まりかけた際に、ドアに手や物を挟む行為は大変危険です。電車のドアはすぐには開きません。マナーを守って、安全に電車をご利用ください。
電車の乗り降りでもグッドマナーをお願いします。
 
We ask that you please give priority to passengers with disabilities or other special needs and those accompanied by small children as they get on or off the train. Also, please note that sticking hands or other objects between closing doors in a last-minute attempt to board is extremely dangerous. The doors may not reopen immediately, so please refrain from such behavior for your own safety.
By making an effort to be considerate and follow the rules, we can make using the trains safer for everyone. We appreciate your cooperation!

ページTOPへ