English

「二戸の今」をお届け中!

江戸時代の漆掻き技法。

にの歴文(にのネット)

2017.12.13

江戸時代の漆掻き技法。

実は、よく分っていません。

現在の技法は、明治期に福井地方から伝えられた物です。

越前衆と呼ばれ、浄法寺や三戸地方などにも定住しています。

ネットで検索していたら興味深い画像がありました。

チャイナでは、今でも画像のような採取方法のようです。

そういえば、ホタテ貝の殻に漆がこびりついている物を見たことがあります。

もしかしたら浄法寺でも画像のような技法だったんでしょうか。

http://airinjuku.cocolog-nifty.com/blog/2017/12/index.html

1bfcb1f05af799fbc7d8

ようこそにのへキャンペーン

ページTOPへ