English

「二戸の今」をお届け中!

岩手県~青森県にかけて各地に伝わる「座敷童子」伝説。

にの歴文(にのネット)

2017.11.23

岩手県~青森県にかけて各地に伝わる「座敷童子」伝説。

浄法寺では「縁結び」の守り神として伝わっています。

ある長者の家に男の子がなく、娘に婿を取ることとなった。

婿を探したところ、財産目当てで言い寄ってくる者ばかり。

長者は「今晩は我が家に泊まってくだされ」と婿候補に。

婿候補が布団に入った頃にどこからともなく化け物が!。

この化け物は、座敷童子が化けた者。

金に目がくらんだ者には恐ろしい姿に見える。

こんな家は恐ろしいと一目散に逃げる。

ある日、旅のみすぼらしい若者が長者の家にやってきた。

「食を旅して修行する者です。軒下でもよいので寝かせてください」と若者。

長者は迷ったが、この若者を自宅に通し食事や布団も与えることにした。

例によって座敷童子は化けて驚かすこととした。

しかし、この若者にはかわいい子供にしか見えない。

座敷童子は若者に言った。

「ずっとこの家にいて私と遊んでください」

若者はこの家の娘と一緒になり、この長者の家は益々栄えたとのこと。

http://airinjuku.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/post-f328.html

7954fba0a7c67adfd53e

ページTOPへ