English

「二戸の今」をお届け中!

飛田穂州の指導を受ける

にの歴文(にのネット)

2017.11.15

飛田穂州の指導を受ける

昭和25年、アマチュア野球界の重鎮・飛田穂州氏が福高を訪れて講演し野球部の指導にあたった。

昭和2年に福中が甲子園に初出場した際には、強豪相手に奮闘する田舎チームに心を打たれた飛田穂州は、新聞紙上で福岡中学の戸来誠と福中野球部を称えた。

水戸出身の飛田氏は、藤田東湖が称えた下斗米将真の出身地から参加した福岡中学に、特別な思いがあったそうだ。いつかは岩手の福岡を訪ねたいと思っていて、昭和25年の福岡高校野球部の指導に繋がった。

http://www.airinjuku.com/index.html

b569eae4e91cc8954ae9

ページTOPへ